• INVISIBLE ORTHODONTICS
難しい治療例:成人の開窓牽引治療
成人になっても犬歯が横になって埋もれた状態でした。
最初に犬歯が本来の位置に戻れるスペースを裏側矯正で作ります。(第一段階)
スペースが出来た段階で、横向きになった犬歯は抜歯してインプラントで人工の歯を入れるという選択肢もありましたが、自分の歯を使いたいという患者さんの希望があり、横になった犬歯を引き起こす治療(開窓牽引)を行いました。(第二段階)
 
治療前
犬歯が生えるスペースがありません。
レントゲンとCT画像
成人になっても犬歯が完全に埋もれてる状態
 
第一段階
埋もれた犬歯を引き出すスペースづくりを裏側矯正で行いました
 
第二段階
開窓牽引
埋もれた犬歯を引き出す
 
第三段階
引き出された歯をかみ合せを見ながら裏側矯正で調整します
治療後
 
 
 
患者さんの声